ルボックス

現在でも三環系や四環系の抗うつ剤を使うことがあるのか調べてみた

    

製薬会社が創っているお薬は、誰かの需要があるからこそ創っています。
お薬を必要とする人がいるにもかかわらず、そのお薬をなくしてしまうことは製薬会社の社会的性質から許されることではありません。
三環系や四環系の抗うつ剤も、現在製薬会社では製造販売を行っています。
どのような目的でお医者さんは使うのでしょうか。

新しい抗うつ剤が使えないと言うときに

現在発売されている新しい抗うつ剤は、様々な効果を持っています。
それに加えて副作用も強くない、あるいは安全性がとても高いことから新しいお薬を治療で使うケースがほとんどです。
しかしなかなか新しい抗うつ剤を使っても、効果を現さないときに三環系などを使うと治療できたというケースもありますね。

難治性のうつ病を治したいときに使う

また難治性のうつ病、たとえば何年たっても治らないようなうつ病の場合にも使うことがあります。
こうした重症化したケースでは、三環系あるいは四環系によって治療することがいわば最後の切り札とされることも多いのです。

副作用が怖いから指導体制がきちんとした中で使いたい

ただお医者さん側の本音から言えば、副作用が怖いから使いたくないというジレンマもつきまといます。
それゆえ三環系四環系のお薬を処方するときには、お医者さんからの指導体制がきちんと整った状況で使いたいというのが実情なのです。

今でも使うことができるお薬だ

使いづらさばかりが目立ってしまう三環系や四環系の抗うつ剤。
それでも今でも使うことができるケースには使っていくことができる貴重なお薬といえるでしょう。
様々なお薬を使っているお医者さんがいらっしゃいますが、今後もこうしたお薬を使うケースはなくならないものと思われます。