ルボックス

うつ病の治療を大きく変えた抗うつ剤「三環系」とは何なのか?

    

その昔精神科でのうつ病の治療は、ずいぶん荒いことをしていました。
うつ病になったら入院させる、あるいは自宅で長い間静養させるなど社会生活とは切り離して考えていた節があります。
こうした流れを大きく変えてくれたのが「三環系の抗うつ剤」といっても過言ではないかも知れません。

薬でうつを治す時代の到来

1950年代から、三環系の抗うつ剤が用いられるようになりました。
この頃現在でも使われている抗精神病剤や抗うつ剤が多数登場し、様々な患者さんを救ってきたのです。
それまでどのようにすれば治るのかよくわかっていなかった心の病を治すことができるというのは、画期的な開発でした。

こんな働きをすることによって気分の安定を図っている

三環系の抗うつ剤は、セロトニンやドーパミンと言った私たちの脳内で分泌されている気分にまつわる成分に影響を及ぼすお薬です。
うつ病の原因はこうした成分が少なくなってしまうことと言われています。
お薬によって、なるべく脳内からセロトニンの成分がなくならないようにとされているのが狙いです。

欠点もいろいろと多かった

しかし時代背景から考えてみると、まだまだ技術は未熟な時代。
ようやくうつ病の原因がわかった頃でしたから、薬の研究もあまり進んでいませんでした。
そのため効果は高いものの、副作用が強いという欠点を持っていたのです。

現在でも使われていることに間違いない

三環系の抗うつ剤は使い方が難しいものの、現在でも使われているお薬になります。
副作用に対して注意を払っていけば、最近発売された新しいお薬では治せない症例であったとしても、一定の効果があると言われているのです。
お薬の使い方はまさにさじ加減一つといえるでしょう。