ルボックス

使いづらかった三環系の抗うつ剤を使いやすく変えた四環系がもたらした変化とは?

    

三環系の抗うつ剤は、効果がとても強いものの副作用も強いと言うことで有名でした。
治療の現場では「もっと使いやすいお薬ができないだろうか」という声が望まれていたのです。
そこで製薬会社は新たに研究を重ね、より臨床で使いやすい薬を生み出しました。
「四環系」の抗うつ剤です。

効果を少し弱めたけれど即効性に優れる

四環系の抗うつ剤は、三環系の抗うつ剤に比べて効果が弱まっています。
三環系ほど強い効果を現す必要がない患者さんが多いというのもあったでしょうし、副作用を弱めるためには必要だったのです。
しかし三環系よりも早く効果が現れることが有名で、2週間から1週間へと短縮されました。

副作用はもちろん弱まっている

三環系の抗うつ剤を飲むと、出なくてもよい副作用が出てしまいたくさん飲むと命に関わると言うこともありました。
安全性がまだまだ今ひとつだったところ、四環系は新たに安全性を高めた上で抗うつ剤を作り直したのです

眠れないと悩む患者さんに使いやすかった

副作用というわけではありませんが、四環系のお薬は眠気を誘いやすいお薬です。
うつ病の症状の中に不眠がありますから、睡眠薬とともに処方される先生もいらっしゃいました。
ただ状況によっては、睡眠薬を削って四環系に変更することで患者さんの負担を減らし、よりよい治療効果を上げた事例もあったのです。

三環系よりも使いやすく新しいお薬

残念ながら三環系のお薬よりも普及はしませんでしたが、現在でも症例によっては使われています。
今後も作り続けられていくことでしょう。
ちなみに四環系のお薬の代表的な商品名としては、テトラミドやルジオミールなどがあります。
こうしたお薬を見たら「四環系だな」と思いだしていただくとよいかと思います。